2014年4月13日日曜日

無垢材



 フローリング
フローリングについてはかなり無理して上のメインのフロアはすべて
ウォールナットの無垢材をつかいました。

足ざわりなどはすごく良くかなり見た目もかなり気に入っています。
しかしやはりこれもこうしておけばよかったと思うことはあります。




 メンテナンスが気になる。

無垢材をいれて気になる点は2点。
1、汚れ傷
2、メンテナンス

この2点です。当然この点は覚悟はしていましたが、
やはり日々の生活をしていると結構面倒についつい
後回しになりがちです。

特に子供などいると
リモコンはおとして傷つける、
ご飯をおとして汚す、などなどそれはそれは厳しいものです。

それが味になっていくのだと思いますが、それもきちんと
メンテナンスしてはこそ。

うちは表面の清掃はやっていますがまだオイルの塗り直しは
していません。1,2年ぐらいしたらとのことなのでもうそろそろ
やらないといけないのですが、家具をすべてどかして、と考えると
なかなか手が出ません。

あと意外と気になるのが日焼け。
これは今の時点でどうかはわかりませんが。。。


 こうしてもよかった?

とは言いつつも無垢の足ざわりは最高です。
うまく取り入れつつ、メンテナンス性を上げる方法もあったかなと思います。
たとえば下の階にいれていますが表面の無垢材をあった積層を採用することや
あとは汚れそうな部分はタイルにしてしまう。

これはやっておけばよかったとすごく思います。
大きいLDKなどは区分を分ける意味でもDKをタイルにするのもありだと
思います。見た目も雰囲気がでますしね。



0 件のコメント:

コメントを投稿