2014年3月29日土曜日

一番の後悔




 住んでみて後悔したこと

コーポラティブハウスに入居してはや2年半近く。
住んでみて思うことはたくさんあります。

特に設計面を含めとても後悔、というかもっとやっておけばよかったと思うことがあり、
それらを今後つらつら記載していたらいいなと思います。



 今回のお話は階段の位置、です。

コーポラティブハウスは限られた狭い土地を有効に活用するために
メゾネットタイプ部屋が多いと思います。
そしてメゾネットである以上階段がなからずつきます。

この階段の位置が一番後悔しているところです。
今の位置がダメというわけではないのですが、今の階段位置は
上のメインのリビングダイニングのまん真ん中を区切るように
配置されています。

設計当初は空間が一体のため何でそれほど気にならないだろうと
思っていたのですが、入居してみるとソファーやテーブルの位置
など意外と階段のせいでレイアウトの自由がきかないことが多いのです。

そしてほかの設備や間取りと違って階段位置は特にRCの場合は
いくらリノベーションなどをしても動かすことができないのです。

私たちのプランでは構造体を兼ねた階段位置だったようで
動かせないといわれて納得してしまったのですが、今この階段を
壁近くにそってキャンティのようにしていたらどんなに部屋が
有効利用して広くなっていただろうと思います。



 あきらめてはいけない

実際に私たちの場合は変更は無理だったのかもしれません。
ですが出来上がりを想定せずに食い下がらずそんなもんだと進めてしまいました。
しかしほかの人のお話をきくとできないと説明されたことができたりしているのは
あるのでもっときちんと聞くべきだったなと思います。

特に階段位置は今後動かしようがないので非常に重要です。

ここを見ている設計中の皆さんは必ず階段位置はそれでいいのか、
後悔はないか、将来的に間取りを変えても問題ないのかなど
自問自答していただくとよいと思います。